マーガレットクラブ

☆全日本ロードレース観戦写真☆

2016筑波RR Rd.1 vol.14 (ST600N決勝)  

筑波選手権第1戦の写真はST600国内クラスSupported by BRIDGESTONE決勝になります。

周回数18周で開催されたレースはポールシッターの#90中村選手がオープニングラップの1コーナー出口で転倒という波乱の幕切れとなります。

DSC_7005_20160324232245eb2.jpg

オープニングラップでトップに躍り出たのは予選4番手からスタートの#39BOONLERT選手、2位に#57奥田選手、3位に#11渡辺選手と続きます。

DSC_7008_20160324232245647.jpg

DSC_7019_20160324232244e40.jpg

ところがアクシデントにより3周目にレースは赤旗中断、3周減算の15周にて再スタートとなります。

DSC_7030_201603242322446fa.jpg

DSC_7031_20160324232244182.jpg

DSC_7046_2016032423224399d.jpg

再スタートでトップに出たのは奥田選手、2位に#78KUBO選手、3位にBOONLERT選手のオーダーに変わります。

DSC_7054_20160324232326607.jpg

DSC_7056_20160324232326209.jpg

DSC_7060.jpg

DSC_7064_20160324232325dd2.jpg

DSC_7107_20160324232325660.jpg

DSC_7111_2016032423232577c.jpg

DSC_7115_20160324232408509.jpg

DSC_7131_201603242324084c8.jpg

DSC_7164_201603242324084ba.jpg

DSC_7202_20160324232408f2e.jpg

DSC_7244_20160324232407039.jpg

DSC_7253_2016032423240731e.jpg

DSC_7294_20160324232418ea5.jpg

レースは12周を終了した時点で再度アクシデントにより赤旗中断、規定周回数クリアによりレースはそのまま成立、終了となりました。

波乱のレースを制し見事優勝したのは奥田選手でした。
奥田選手と終始トップ争いを演じたKUBO選手はペナルティにより失格、3位を走行していた#39BOONLERT選手は終盤に惜しくも転倒を喫してしまい、2位を獲得したのは渡辺選手、3位には#76豊留選手が入りました。

それにしても終始アグレッシブな走りを見せた2人のタイ人ライダー、第2戦の活躍が楽しみですね。

それではこのへんで。。
スポンサーサイト

▲Page top